いくらで買ったかわからないとき〜概算取得費控除の特例〜

 譲渡所得を計算するには、売った金額、買った金額が最低限わかる必要があります。

しかし譲渡所得は、先祖代々(とは言わなくとも)の土地を売ることも多々あり、いく

らで買ったのかわからないことがよくあります。それでは売った金額から何も差し引け

ないのかというとそうではありません。概算取得費控除という制度があります。

 これは売った金額の5%を差し引ける、というものです。

 売った金額1000万円×5%=50万円、が差し引けます。

 もし取得費がわかっている場合でも5%の方が多ければ5%を計算してそれを差し引く

ことができます。どちらか有利な方法を選択できるといういうことです。