贈与税の税率の特例

直系尊属(父・母・祖父・祖母など)から暦年課税の対象となる贈与を受けた際には一定の

要件の下、贈与税の税率の特例を適用できます。

 要件としては、

・直系の尊属(父・母、祖父・祖母など)からの贈与であること

・贈与を受けた者がその年の1月1日で20歳以上であること

 (令和 年4月以降は18歳以上)

・計算明細書、戸籍謄本などの一定の書類を添付して申告を行うこと

などがあります。

600万円を貰った場合、通常の税率では、

600万円 − 110万円 = 490万円

490万円 × 30% −65万円 = 82万円

の贈与税がかかります。

特例の税率では、

600万円 − 110万円 = 490万円

490万円 × 20% − 30万円 = 68万円

の贈与税となります。

 

 

通常税率と特例税率

税率の違いは以下のようになっています。

 基礎控除後の

 課税価格       通常税率  控除額     特例税率  控除額   

  200万円      10%   ーー      10%   0万円

  300万円以下    15%  10万円      −−   −−

  400万円以下    20%  25万円     15%  10万円

  600万円以下    30%  65万円     20%  30万円

 1000万円以下    40% 125万円     30%  90万円

 1500万円以下    45% 175万円     40% 190万円

 3000万円以下    50% 250万円     45% 265万円

 3000万円 超     55% 400万円     −−    −−

 4500万円以下     −−    −−      50% 415万円

 4500万円 超      −−    −−      55% 640万円

 特例税率は特別措置となっています。

 

実父と義理の父からそれぞれ財産を貰った場合

見出しの例の場合は、父からの贈与財産は特例の贈与財産、義理の父からの贈与財産は通常の

贈与財産となります。

例えば父から500万円(特例贈与)、義理の父から200万円(通常贈与)受け取ったとし

ます。

@全ての贈与財産を特例の贈与財産として贈与税を計算

 700万円 ー 110万円 = 590万円

 590万円 × 20% − 30万円 = 88万円

 88万円 × 500万円 ÷ 700万円 ≒ 62.8万円

A全ての贈与財産を通常の贈与財産として贈与税を計算

 700万円 − 110万円 = 590万円

 590万円 × 30% − 65万円 = 112万円

 112万円 × 200万円 ÷ 700万円 = 32万円

@とAの合計

 62.8万円 + 32万円 = 94. 8万円 が納付する贈与税額

 となります。