事務所概要

 事務所名

 青木宏二郎税理士事務所

 住   所

 〒101-0051 東京都千代田区神田神保町1-29 市瀬ビル旧館3F          

 電話番号

 03-5577-6090

代表者プロフィール

 出身地等  大分県玖珠町
 昭和47年生まれ
 最終学歴  青山学院大学卒業
 職歴等  陸上自衛隊
 熊本国税局採用、東京国税局入局
 都内税務署勤務
 税理士試験合格
 中野税務署を最後に退職
 青木宏二郎 税理士事務所 開設 (東京税理士会会員)

 

 税務署在職中は主に中小企業の調査等の事務、法人が提出した書類の内容の確認

及びその処理、源泉所得税関係事務等に従事していました。

在職中、確定申告書作成相談会場での相談担当者としても従事していました。

 中小企業の税務会計には自信があります。

 税務署出身で税理士を開業している者の中では最年少です。

ごあいさつ

税理士中小企業にとって一番身近な存在」だとよく言われます。

起業したての会社にとって、まず初めは一定の売り上げの確保が

目標となります。一定の売り上げが確保されないと、家賃、給料など

の固定費が払えなくなり、資金が尽きれば倒産するからです。

一定の売り上げが確保されれば次は、利益を出すため、企業の規

模を拡大するためにさらなる売り上げ増加を目指して頑張ることに

なります。

この過程で無視されがちなのは、企業内部のことです。企業の売り

上げの増加は当然気になりますので、言われなくとも、寝食を削っ

てでも増加のために努力しますが、表を支える内側の状態というの

は見逃されがちです。

社長さんの体と同じで、起業したてで気力・体力が充実しているとき

には寝ずとも大丈夫と考えるのですが、ふと気づくと何となく体調が

良くない、病院に行く回数が増えた気がする、という具合です。

企業も同じで、順調なうちは、あるいは成長しているときは気になら

ないのですが、ふとした時に最近ちょっとなー、となります。

このときに誰に話をしてみるかというと、会社の内部の人間でなく外

部の人間で、できれば会社のことをよく知っている人間、さらに、取

引先では話が業界に広まってしまう可能性があるので、同業者でな

い「税理士」になるのではないかと思います。

私達はそのような「とりあえず話だけでもしてみる」という税理士

になりたいと考えています。