相続税の今後

現在の相続税の基礎控除額は 5,000万円+1,000万円×法定相続人の数 です。

配偶者と子供2人が相続人であれば5,000万円+1,000円×3=8,000万円

が基礎控除額です。

平成23年税制改正大綱で上記基礎控除額の改正が予定されていました。大綱には

3,000万円+600万円×法定相続人の数 を基礎控除額に改正するとされていました。

しかし、この改正法案は平成23年8月31日現在継続審査ということになっています。

改正法案が成立していません。

相続税関係の改正は他にも予定されていますが、財務省の責任者は、これらの改正に

並々ならぬ意欲を持って事にあたっていることを話していました。

現在の国家財政の状況を考えると、改正も時間の問題だと思われます。