不動産鑑定士

不動産鑑定士になるには「不動産の鑑定評価に関する法律」に基づき、不動産鑑定士の試験に合格する必要があります。

仕事の内容は不動産の鑑定評価、不動産の価値評価、利用・取引・投資相談を行うことです。

地価公示・都道府県地価調査・相続税路線価評価など公的な仕事、不動産現物出資の際の価格評価、金融機関・土地開発業者に所属して投資案件に参加する等を行っています。

税理士との関連は、財産評価通達よりも不動産の評価額が低くなりそうなときに鑑定評価を依頼する、相続の際に相続の当事者が納得するように第三者の評価を入れた方がいい場合、相続財産評価等に関係していかに評価を下げるかといった鑑定士からのセミナーへの参加呼びかけ、などがあります。一般の納税者にとってはなじみは薄いと思われます。