交際費の中小企業特例の拡充

 

 現行の中小企業の交際費は600万円支出した場合、損金に算入できるのは540万円

までです。

 改正後では、800万円まで交際費が認められ、全額損金に算入することができるように

なりました。